<著作権について>

インターネットサイト、携帯電話向けサイト等弊社が掲載する一切のコンテンツは、弊社もしくは原権利者が著作権を保有しています。これらのコンテンツを、許可なく複製する行為、またはインターネット上等で公衆が取得できる状態にする行為等私的利用の範囲を超えてのコンテンツの利用は著作権侵害になります。
また、著作物の全部もしくは一部を権利者の許可なく改変することも著作権法上禁止されています。コンテンツの中で使用している映像、音声、写真、音楽等の著作物に関しても同様です。
 こうした違法行為は刑事責任を問われたり、権利者から損害賠償を請求されたりする可能性があります。
 著作物の「引用」は、著作権法上許される行為ですが、「引用」と認められるには、「公正な慣行に合致」しており、同時に「報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるもの」でなければなりません。また主張したいことと引用される著作物との間に明確な主従関係の存在が必要であり、誰の何という作品かを表示する義務も課せられています。安易な引用利用については、十分ご注意ください。