FFT-S工法

FFT-S工法(Field Fabricated Tube-Steam Method)は、特殊ライナーに硬化性樹脂を含浸させた材料を既設管きょの中に引込み蒸気で硬化させることで、強度がある平滑なFRPパイプを形成し管きょをリニューアルする工法です。下水道管きょの整備は日々進み、全国的に下水道普及率が向上している一方で、老朽化などで破損や劣化した下水管きょも増えています。このため、計画的な改築・修繕を行い延命化することが必要になっています。しかし、水道、ガス、電力、通信などのライフラインが輻輳していることや交通障害を考慮すると開削による布設替えは困難な状況です。そこで、これらの問題を解決するために、非開削による管更生工法『FFT-S工法』が開発されました。

ラクユーZ工法 

ラクユーZ工法は、周辺環境への配慮・安全・施工性・経済性を最重要視し、維持管理時や老朽化した水道の人孔・管渠の更生・補修・更新などの施工時に、絶大な威力を発揮する不断水水替工法です。

FRP内面補修工法 

耐久性・耐薬品性能の高いビニルエステル樹脂、耐酸性ガラス繊維および不織布を補強材とした材料を補修機に装着し、異常箇所に加圧密着させ、熱硬化により形成させます。
 1箇所あたりの施工時間が短く経済的です。

C-ONE工法 

外表面にプラスチックフィルムを溶着させたポリエステルフェルトにポリエステル樹脂を含浸した更生材を下水道管路内に反転挿入し、温水により熱硬化させ、下水道管路を更生させる技術です。さらに取付管の更生することにより本管との一体化を図ります。この工法は下水道のみならず、農業用水路、道路横断暗渠(伏越管)にも活用されています。

SGICP工法 

透明で軽量の更生用プラスチック製セグメント材を管路内で組み立て、隙間に充填材を注入します。適用範囲は円形管でφ1000〜φ4000、短形管では□1000×□1000〜□5000×□5000と大口径に対応した工法です。
SGICP工法では,現場のニーズに合わせて,2タイプの含浸樹脂が追加されました。
●速硬化タイプ:硬化時間を1/3短縮 ●ノンスチレンタイプ
:施工時にスチレンガスが発生しない