計画的維持管理プランニング

1.jpg

管路全体に関する維持管理方針を提案

2.jpg

管内の堆積している土砂・汚物を除去

3.jpg

本管・枝管をTVカメラ車により調査・保存

4.jpg

補修・更生前に施工障害になる物を除去

5.jpg

管路内部の腐食状況により、適切な工法で施工

6.jpg

当初計画通りの施工がされたか追跡調査

1-1.jpg

 下水道管の管種や布設年度・データ等から、補修・更生が必要な箇所を提案させていただき、効果的な維持管理の具体的な計画立案を行います。

2-2.jpg

 地下埋設されている下水道管の清掃は、高圧洗浄車等を使用して管内堆積物(汚物・土砂)を除去し、管内の流下能力の確保や悪臭や有毒ガスの発生を防ぎます。

2p1.jpg



洗浄工.jpg20160819_094904.jpg20160819_094928.jpg

3-3.jpg

下水道管内では経年劣化によるクラック、侵入水、土砂堆積、木根侵入、管の変形等、様々な原因により機能が低下します。管内の現況を把握することが、維持管理上最も必要となります。

 下水道管内を直進するだけで、管内全体(360度)の映像を取得し、管路内を展開図化することにより、平面的に管内を見ることができ、管路の補修・更生に活用できます。

  • 3p2.jpg3p1.jpg
TVカメラ.JPG
カメラヘッド2.JPG
調査工.jpg

4-4.jpg
 カメラ調査によって把握したモルタル付着、突出管、木根、パッキン等は、更生工事を施工するにあたって障害となる為、TVカメラ車と穿孔車を映像線で繋いでモニターで見ながら除去作業を行います。

4p2.jpg

5-5.jpg

 下水道管路の調査から異常箇所の状態を診断・分析して作業効率やコストを考慮しながら、複数ある工法から最も適した工法を提案させていただきます。




ラクユー 001.jpg

工事区画状況

ラクユー.jpg

管渠移設に伴う水替状況(中間スラブ)

P9090126.JPG
.

5p2.jpg

耐久性・耐薬品性能の高いビニルエステル樹脂、耐酸性ガラス繊維および不織布を補強材とした材料を補修機に装着し、異常箇所に加圧密着させ、熱硬化により形成させます。
 1箇所あたりの施工時間が短く経済的です。

5p3.jpg

5p4.jpg

外表面にプラスチックフィルムを溶着させたポリエステルフェルトにポリエステル樹脂を含浸した更生材を下水道管路内に反転挿入し、温水により熱硬化させ、下水道管路を更生させる技術です。さらに取付管の更生することにより本管との一体化を図ります。この工法は下水道のみならず、農業用水路、道路横断暗渠(伏越管)にも活用されています。

5p5.jpg

透明で軽量の更生用プラスチック製セグメント材を管路内で組み立て、隙間に充填材を注入します。
 適用範囲は円形管でφ1000〜φ4000、短形管では□1000×□1000〜□5000×□5000と大口径に対応した工法です。

6-6.jpg

 施工対象物の経年劣化を確認し、当初計画の通りの水密性や流下能力が確保されているかを追跡調査することにより、品質確保を目指します。

6p1.jpg